« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008-10-27

Il nuovo album di Laura Pausini uscira' il 14 novembre ;)

Primavera_in_anticipo

7日のティツィアーノに続いて、ラウラ・パウジーニも11月14日にニューアルバムをリリース(日本では18日に発売のようです)☆アルバムタイトルは"Primavera in anticipo"。収録シングルを左サイドバーにアップしました♪スペイン語版も同時リリース。タイトルは"Primavera anticipada"になり、シングルタイトルの"Invece no"はスペイン語版では"En cambio no"。

2006年発売のアルバム"Io canto"は、イタリア語版とスペイン語版を両方買ってしまった私。。^^; 聞き比べると面白いんですよ〜♪スペインのアーティストはあまり知らないので、イタリアのアーティストが出すスペイン語版のアルバムを聴いて楽しむ^^☆特にラウラパウジーニはスペイン語の発音が割と聴きとりやすい気がする。。なんとなくだけど。…っていうか、本物のスペイン語圏の人達の発音より、イタリア人のスペイン語の発音の方が聞き取りやすいというだけかなー。イタリア人の英語が聞き取りやすいのと同じで(ただし、固有名詞や人名などもイタリア式に発音するので、それはかなり混乱しますが。。^^;)。

11月はニューアルバムが続々。楽しみ楽しみ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-10-26

スペイン語検定5級を受けてきました。

イタリア語検定もあったので、結局実際に準備する期間が2週間ちょっとしかなかったスペ検。試験3日前から詰め込み勉強開始^^;なにしろ覚えなきゃいけない活用が多すぎる。6級受験時に覚えているはずの現在形までも忘れていた私。。そしてアクセントの位置も正確に覚えないと、記述式なのでごまかしがきかない。。趣味で勉強をはじめたはずなのに、結構辛かった〜(涙)。学生の頃はどんな試験も一夜漬けで受けていたけれど、若い頃の脳ミソと今の脳ミソは違う〜〜T_T!!!!!覚えた端から消えて行く活用達。。(汗)

そんなこんなで覚えられるだけ活用を頭に詰め込んで、単語はイタリア語の知識に頼り、ヒアリングの勉強はほぼやらず(時間がなくてできず)、どよ〜んとした気持ちで試験会場へ。会場は6級の時と同じでした。5級の部屋に入ってしばらくすると、なにやらスペイン語で説明を始める試験監。。何を言っているのかほとんど理解できず-_-;でもその後すぐに日本語でも言ってくれたから、助かりました。試験用紙は相変わらずのB4用紙1枚の記述式。1時間の試験が始まりました。6級にはなかったのですが、5級からはヒアリングがあります。イタリア語検定なら、はじめにヒアリングをやるのですが、スペイン語検定は違うらしい。。「いつやるんだろう?最後の10分とかでやるのかなぁ?」と思いながら問題を解いていると、30分経った頃、突然「ではヒアリング試験を始めます」という声が。やっぱり変わってるなぁ、スペ検^^;。そして噂にはきいていたけど、本当に、

ヒアリング試験は試験監が読み上げる。

…のでした。「私の声、聞こえますか?」とマイクも何もなし。うん、聞こえるけど。。(汗) そして読み上げスピードにまたまたビックリ。

¿CU-ÁN-DO ES EL TU CU-MU-PLE-A-ÑOS?
(Quando e' il tuo compleanno?)

一文字一文字ハッキリ発音してくれちゃうんです(笑)。ゆっくりすぎて、最初、「何を言い出したんだろう???」って逆にわからなくなった程です。2回読んでくれるのですが、2回目はめっちゃ早い。中間くらいの早さで2回読んで欲しいんだけどなぁ〜^^;

いつも新鮮な驚きをくれるスペ検。試験用紙は回収され、自己採点ができないので出来はよくわかりませんが、とにもかくにも、私の今年の挑戦はこれにて終了。やっと試験から解放されました〜^-^♪スペ検までの2週間、大好きなイタリア映画はおあずけ状態で、ずーーっと我慢してたので、まずはイタリア映画三昧の予定です^-^☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008-10-19

もうすぐスペ検。。-_-;

普段スペイン語を全然勉強してないから当たり前なんだけど、試験直前になって5級の問題集を見てみたら、、わからなすぎるT_T;。。。どうしよぅぅぅぅぅ。。全部記述式って厳しすぎる。。はぁ。。5級の試験範囲は、直接法全部、まとめると以下の時制(カッコ内はイタリア語での名称。PPは過去分詞の略)。

・現在
・現在完了[haberの現在+PP](=近過去)
・点過去(=遠過去)
・線過去(=半過去)
・未来
・未来完了[haberの未来+PP](=前未来)
・過去未来(=条件法現在)
・過去未来完了[haberの過去未来+PP](=条件法過去)

ちょっと、、、範囲広すぎじゃない(汗)?まだ5級だと言うのに。。動詞の活用を覚えるだけでもかなり無理があるんですけど〜。

スペイン語の現在完了は形は近過去と同じだけど、本当に過去の事は表せないらしい。例えば、「昨日」とか「先月」とか過去を表す単語と一緒には使えません。その場合は点過去で表します。じゃぁ、現在完了はどういう時に使うのかと言うと、経験「〜したことがある」、完了「もう〜した」、それから「今日」とか「今朝」とか、今とつながりのある単語と一緒に使うらしい。。それ以外は点過去。点過去というのはイタリア語の遠過去。つまり、、不規則活用のオンパレード(汗)。これを普通に過去時制として使うのはやめてもらえませんか〜T_T。。イタリアだと南の方以外では、ほぼ話し言葉には出てこない時制なのに(涙)。

それにしても、外国語ってこんなにわからないものだったとは。リスニングも、単文が読まれてるだけなのに、それがわからなかったりするんですよ!!!単語もわかんないし。。ぼちぼちがんばります〜。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-10-17

Il nuovo album di Tiziano Ferro uscira' il 7 novembre :)

…というわけで、Tiziano Ferroのアルバムが2年ぶりにリリースされます♪アルバムのタイトルにもなっている"Alla Mia Età"という曲はすでにイタリアではラジオなどでは流れているようです(左のサイドバーにアップしておいたので聴いてみて下さいね^^☆)。

Tiziano Ferro。。なんだか気づいたらアルバム全部持ってる(笑)。たぶん、新しいCDも買ってしまうんだろうなぁ。イタリアのCDってなかなか日本では売られていないけど、Tizianoのは買えます。42カ国で一斉に発売されるらしいので、日本でも11月7日に買えるはず。私は次にイタリア行く時まで我慢しようか買ってしまおうか迷ってます。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-10-10

イタリアンフードマーケット日本上陸。

Eataly_logo

9月27日、代官山にオープンしたそうです。名前は"EATALY"。イータリーと読むそうな。。英語の"eat"+"Italy"。変な名前〜^^;と思っていたのですが、このお店、本店は正真正銘イタリアのトリノなんだとか。海外進出は日本が初めてなんだって。うーん興味津々。だけど代官山かー。。行動範囲外だ(笑)。でも、一度は行ってみたいな〜♪もう行ったよ〜という方、是非感想を聞かせてください^^☆

>>>EATALY Daikanyama
>>>EATALY Torino

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-10-09

また前向きにがんばろう☆

今日、日伊学院のHPでイタリア語検定の解答速報が出ました。イタリア語検定は試験用紙を持ち帰れるのでおそるおそる答え合わせをしてみました。結果はやっぱりダメでした^^; アスコルトは8割できていたのですが、筆記の方が正答率6割でした。2級は各パート(アスコルト、筆記、作文)70%以上、さらに全体で80%の正答率で合格。というわけで今回は残念ながら合格できませんでした。わかってはいたけどやっぱり悔しい。でも正答率6割、というのは惜しくも何ともない。やっぱり私の実力不足です。今回試験を受けてみて、思ったのは、やってきたことしかできないんだなぁ〜ってことです。例えば私は本当にほぼ毎日のようにイタリア映画を観たり、ラジオを流していたり、と「聞く」ことに関しては努力、というより好きでやっていたので、試験でもアスコルトはできたんだろうなぁ、と思う。逆に読むことや文法の勉強はほぼ皆無に近かったので(さすがに試験前はちょっとはやりましたが…でなければ6割すら難しかったと思う。。^^;)、やっぱりできなかったんです。でもやってきたことしかできない、というのは裏を返せば、やったらできる、ということで(まぁ、そう単純なものでもないのかもしれないけど^^;)、だったら、これからまた頑張って苦手なことも勉強しようかなぁ、と前向きに考えられるようになりました^^。思い返せば、3級を受けて、一度落ちた時に、「あ〜こんなの全然わからない!いつかはわかるようになるのかなぁ?」と思っていた私。だけど、だらだらとでも(←ほんとです)勉強を続けていたら、わかるようになっていったんです。だからきっと、この先いつか、2級もわかるようになる日が来ると信じて、また頑張っていこうと思います☆3級を受けたのが2006年、2年ぶりの試験でしたが、結果はどうあれ、やっぱり受けてみて良かったなぁ〜と思いました。ときどきこうやって刺激(というよりショック!?)を受けるのはいいことですね^^。イタリア語を初めて4年半経ちました。まだまだ長い付き合いになっていきそうです^-^♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-10-06

初のイタ検2級、受けてきました。

やらかしました。とてつもなくバカなことをやらかしました。…という訳で、めっちゃ落ち込んでます。何かは聞かないで下さい、please。

なので、イタ検2級、また受けることになりそうです^^;

注意点は…
①時間がない。結構ない。文法や語彙、読解はサクサクやらないとダメです(サクサクやれるような問題じゃないんですけど)。作文の文字指定が150〜180文字って結構時間がかかります(ちなみに3級だと100文字くらい)。全体で120分のうち、アスコルトだけで40分近く取られるので、残り80分で文法、語彙、読解、作文をやらなくちゃいけないのは結構キツかったです。
②アスコルトで問題文と質問文と選択肢全て読まれるパートがあるので注意(問題用紙には番号と注意書きかしか書いていない)。しかも、そのパートは問題文を2回読んだ後に質問文と選択肢が1回読まれる形式。問題文と質問文セットで2回ではないので注意。

私の弱点はやっぱり「語彙」。今年はなんだか熟語というか慣用句というかそういう問題が多くて、辛かった。知らなきゃ考えたってどうしようもないし。。T_T 文法はだいたい理解しているつもりだけど(それを会話中に正しく使えるかどうかは別として)、ちょうどあやふやな所をついてくるんですよね、2級は。。(汗) 読解問題は2つのうち1つの方はキーとなる単語がことごとく分らず撃沈。それでもゆっくり読めば推測できたかもしれないけど、何しろ時間もないし、当てずっぽうで解答。はぁ。アスコルトは日頃の映画三昧のせいか、そんなに難しく感じなかったけど、結果はいかに。。作文は子供の作文みたいになってました。ここでも語彙と表現力不足を痛感。辞書なし、ネットなしだとまだまだ書けません。

立ち直るのに時間かかりそうですが(←結構本気で落ち込んでます…^^;)、立ち直ったら、また頑張ります☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »