« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008-07-26

Sto un po' giu'...

Ciaooo mioです^-^
いつの間にか梅雨も明けて、すっかり夏!!!ですね。っていうか、暑すぎますよね^^; Mi sto per sciogliere...

Comunque, sto un po' giu'... ふぅぅ。なんでかっていうと、最近、ローマの友達と喋ることがあるんですが、会話についていけないんですよー(泣)。喋るのがめっちゃ早いっ!私に向けて喋ってくれるときは2/3くらいはわかるけど、ローマ人同士の会話は、一生懸命聞いていても半分くらいしか言ってることがわからない。全然わからないこともあるし。。そんなに難しいことを喋っているわけじゃないんですけどね(たぶん)。その上、そのスピードで話すなんてとても無理>_<! どんだけカタコトイタリアンやねんっ!って自分でツッコミたくなるくらいです(注:Sono nata ad Osaka.)。 今日イタリア語のレッスンで、「全然ついていけなかったよ〜」って先生に話したけど、「そんなの普通だよ」ってさらり。そうかぁ???ついていきたいんだけど。。どうやったらついていけるようになるんでしょう?? ううん。。ちょっと悩んでいる今日この頃。できないと、やる気がしなくなる私の悪い癖^^; 頑張るモチベーションがぁぁぁ。。 そうでなくても、最近勉強してないっていうのに(←だから喋れないんじゃないか?笑)…というわけで Sto un po' giu'... Come faccio :'(?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-07-08

Non dire cosi'!!!

チュッチャメロ!

…イタリアで、絶対言っちゃダメですよ。でもこの響き、なんだか面白くてつい言いたくなりますよね。でも究極の下ネタなので、絶対の絶対に言ってはいけません。この言葉の意味はここでは書けません。綴りも書けません。でも気になる人は調べてみて下さい^^; ちなみに命令形です。音の響きでなんとなく想像がつくかな。。

ちなみに、この言葉、イタリア人が間違えて言ったのを、イタリア語を知らない女の子が音が面白かったみたいで電車(日本の電車だからまだ良かった)の中で大きな声で3連呼。笑いが止まらなくてヤバかったです。。。一緒にいた友達に、ちゃんと説明してあげなよ、と言われましたが、こんなこと説明できませんよ(笑)。。まったく。。^^;それにしても外国語って、ホントにこういう俗語が多いですよね。

この女の子、イタリア人に習った言葉は以下の通り。
Che cazzo dici!
Vaffanculo!
Figlio di puttana!
なんか他にもいろいろ言ってたなぁ。あ〜ぁ、、こういうイタリア人がいるから〜^^;

街で会ったら"Ciao stronzo!"って言うんだよね?って聞いてきたときにはびっくり。でもこれ、後で聞いたらローマでは普通なんだそうです。…と言ってもかなり親しい間柄の場合だそうですが。。ほんとかなぁ。。恐るべし、ローマ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-07-02

Duomoの落書き事件。

La Repubblicaの記事。どうやら日本人の女子短大生がFirenzeのDuomo(大聖堂)のクーポラに落書きをしたらしい。しかも名前や短大名をしっかり書いてしまったみたい。。それを見つけた日本人観光客が写真を撮って、当の短大にそれを送りつけてバレてしまったとか。。落書きする方もする方だけど、それを摘発する人もどうなんだろう、、^^; それはさておき、、この事件(?)を受けてイタリアへ日本から謝罪をしたようです。これに対してイタリアはびっくり。(物事の善し悪しは別として)落書きはルネサンスの時代から存在していて、こんな風に国が出て来て謝罪をするなんて信じられない様子。落書きを消す準備は"いつものように"もう済ませてある、ルーチンワークだからね、と担当者(そうだったの^^;?)。でも日本の礼儀正しさを私達イタリア人も見習わないとね、と最後に結んでいます。世界遺産に落書きされたのに、怒るどころか、日本が大騒ぎしていることにビックリしてる(笑)。そんなんでいいのかー??? "permissivo"の国、イタリア、を感じる記事でした。

Scritta-ricordo sulla Cupola mille scuse dal Giappone
Repubblica — 26 giugno 2008 pagina 1 sezione: FIRENZE

Alla fine, oltre al suo istituto - il Collegio femminile di Gifu - ha chiesto scusa l' intero Giappone. Perché la vicenda della scritta-ricordo lasciata a pennarello sul marmo della cupola del Duomo da una delle studentesse del collegio giapponese in gita a Firenze, per quattro minuti è stata diffusa da una delle più importanti emittenti televisive del Sol Levante, scatenando una catena di sensi di colpa collettivi. Con relative scuse all' indirizzo dell' Opera del Duomo e delle autorità fiorentine. L' episodio risale al febbraio scorso: la ragazza ha lasciato gli ideogrammi con la sua firma e il nome di altre compagne sul marmo, emulando per altro un malcostume assai diffuso sui monumenti fiorentini. Solo che la sua firma è stata immortalata in alcune foto da due turisti giapponesi, indignati dal gesto della compatriota a tal punto da invitare la prova del misfatto direttamente alla direzione del Collegio di Gifu. Scatenando appunto lamentele per la mancanza di rispetto nei confronti del capolavoro di Brunelleschi e una condanna mediatica generale. «Una sequela di lettere di scusa mai vista, non solo da parte dell' istituto - racconta Paolo Bianchini, capo dell' ufficio tecnico dell' Opera del Duomo - e dire che quanto a scritte che deturpano i nostri monumenti ne abbiamo ormai dall' epoca dei Lanzichenecchi. Un affare di Stato quasi, incredibile. Comunque i nostri addetti avevano già provveduto a ripulire i segni a pennarello, come accade da sempre, è un lavoro di routine». E la ragazza pare se la sia cavata con un bella lavata di testa da parte dei responsabili del suo collegio, anche se l' istituto era pronto a pagare eventuali danni. «Un bell' esempio del grado di civiltà del Giappone - commenta Bianchini - Magari avesse un seguito anche da noi». - MARA AMOREVOLI

collegio : m : 団体、寄宿学校、(短大)
vicenda : f : できごと
pennarello : m : フェルトペン、マーカー
Sol Levante : i : 日出ずる国(=日本)
scatenare : vt : 駆り立てる、あおる
collettivo : agg : 集団の
emulare : vt : 手本とする、真似る
malcostume : m : 不品行、悪習
assai : agg : たくさんの
immortalare : vt : 不滅にする、不朽にする
indignato : agg : 憤慨した
compatriota : m/f : 同国人
a tal punto da ... : i : 〜するほどまでに
misfatto : m : 大罪/いたずら、悪ふざけ
lamentela : f : 嘆き、苦情
condanna : f : 非難
mediatico : agg : メディアにあおられた
sequela : f : 一続き
deturpare :vt: 美観を損ねる
lanzichenecco : m : (ルネサンス期の)ドイツ人傭兵
affare di stato : i : 国務、国事
addetto : m/f : 担当者
provvedere a ... : vi : 〜への対策を講じる
da sempre : ずっと昔から
lavata di testa : i : 叱責
eventuale : agg : 予定外の
civilta' : f : 礼儀正しさ、丁寧な言動

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »