« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008-06-30

Evviva España!!!!!!

4年に1度のEURO2008、スペインが優勝☆☆☆!!!!
おめでとう〜><!!!

決勝戦は朝の4時からでした。。徹夜してしまいました^^;
でもスペインが優勝してくれたから嬉しくて今は元気!!!

すごくいい試合でした!スペイン、チームが一致団結してほんっとに強かった!本当におめでとう〜!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-06-29

イタリア語もがんばろう☆

今日はイタリア語のレッスンでした。今日は頭が全然働かず、スーパーしどろもどろでした。イタリア語も頑張らないとなぁ。。で、スペイン語検定受けたよー、と先生に言ったら、ひとしきり話した後で、イタリア語の検定は受けないの?って言われてしまいました。。そりゃそうだ^^; …う、受けます、と答えたものの…次は2級なんだよね。。難しすぎるんだよね。。問題見てみたら、文法は勉強すればなんとかなりそうだけど、読解とリスニングがぁぁ。。。読解はわからない単語だらけだし、リスニングなんて、文字で見たって理解できないのに、それを聞き取れと?無茶だぁ。。。ううう。。T_T(泣)でも、、やっぱり挑戦すべきかなぁ。。勉強する時間をどう捻出しようかなぁ。。秋のスペイン語検定も受けたいしなぁ。。時間が欲しい!!!

でも何て言うか、スペイン語をちょっと始めてみて思うのは、やっぱりイタリア語を基本にきっちり勉強しておけば、他のラテン系の言葉を勉強するのがすごく楽になるんだなぁ、ってこと。大学でスペイン語をやっていた時よりはるかに今の方が楽だし、理解するのが早いです(記憶力は大学時代の方があったけど^^;)。骨組みが一緒だから。単語の問題もあるけど、これもイタリア語の語彙を増やせば、似ているスペイン語の単語は、自分では言えなくても、読んだり聞いたりしたときに理解はできるようになりそう。

今まで、なんでスペイン人とイタリア人はお互いの言葉で喋っているのにコミュニケーションが成り立つのかって思っていたけど、なんとなくわかってきた。私みたいにイタリア語がネイティブでない人からすれば、ちょっと込み入った話になると、もう単語がわからなくなるけど、イタリア人とスペイン人は逆で、込み入った話のほうが理解し合えている気がする。たとえば、留学してた時に、基礎クラスにいるスペイン語圏の人達が、イタリア映画を見て、先生(イタリア人)と同じタイミングで笑ってたり、猛スピードで話しているスペイン人の会話にツッコミを入れてるイタリア人がいたり。これはたぶん、基本単語じゃない単語の方が似ているからだと思う。基本単語とか基本動詞って、どの言葉でも不規則なことが多いから、それを理解するのが大変だけど、それを通り越すと、あとはほとんど一緒、っていう感じなのかもしれない。

例えば、、基本単語「外出する」はスペイン語ではsalir、イタリア語ではuscire。イタリア語のsalireは「上がる」という意味で使われるので、似ているのに意味が違ってややこしい。でも「(人を)だます」はスペイン語ではengañar、イタリア語ではingannareで、音が似ています。基本単語の「朝食」はスペイン語ではdesayuno、イタリア語ではcolazione、と全然違う単語ですが、「貝」はスペイン語ではmolusco、イタリア語ではmollusco、とLが1つ増えただけ。こんな風に、頻繁に使われない単語ほど、似ている気がします。

イタリア語の語彙を増やしたいのですが、なかなか… でもイタリア語を頑張ればもっと世界が広がると思って、頑張って勉強します^-^☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-06-22

初めてのスペイン語検定!

を、今日受けてきました!!!
検定を受けるほど勉強していたのか!!…って思われると困っちゃうので、先に言っておきますが、そんなことはありません(笑)。でも「なんとなく」受けてみたくて、「なんとなく」申し込んじゃったんです、スペ検。もちろん一番簡単な6級(イタリア語検定には5級までしかありませんが、スペイン語検定は6級まであるんです)。試験料は2000円。安っ!!!申し込んだのが5月半ばくらい?はっと気づくと試験一週間前。試験対策をぜんぜんしてなーい(汗)!!!スペイン語の勉強は、4月から聴き始めたNHKのラジオ講座のみ。それも、とりあえず録音しておいて、時間のある時に、時々聴く、という程度。さすがに焦って、試験直前の一週間は、買ってきたスペイン語の本を眺めてみる。それも電車の中とか昼休みとかしか時間がなくて、ほんとに眺めているだけ〜^_^;キャー。。

仕事が珍しく忙しくなかった今週末にまとめて問題を解いてみるも。。わからん。でも選択問題なので、イタリア語の貯金もあって、なんとか答えられるかなぁ〜。。と思いつつ、なにかが気になり、ネットで試験の情報を検索。すると、恐るべき事実が発覚。

マークシートじゃないらしい。全部記述式らしい。

Non e' possibile... 今どき、そんな試験って。。買った試験用の問題集は全て四択だったのに〜!!!しかもこれを知ったのが試験の前日の夜。。もう笑うしかないですよね〜(笑)

…というわけで、かなり無謀な挑戦をしてきました。久々に緊張しました。。

会場に着いたら、やっぱりイタリア語検定の会場の雰囲気とは違う(当たり前^^;)。なんかみんな真剣。。イタリア語よりも年齢層が若くて、男の人が多い気がしました。男女の比率が半分くらい?若干女の人が多いくらい。イタリア語だと、断然女の人が多いですよね。試験官の人は、南米の人っぽかったなぁ。スペイン人なのかなぁ?いまいち区別ができず。。超無口。笑わない。クール(?)。イタリア人と違ーう(当たり前)。

こうして始まった試験。試験は本当に記述式でした。冊子にすらなっておらず、紙一枚。これに直接答えを書いて提出しちゃうので、手元に問題が残りません。うーん。困るなぁ。で、試験の内容は、想像していたよりは簡単でした。。ほっ。。なんとか全部書いて、終了。結果はどうあれ、ついに無事スペイン語検定デビューを果たしました☆

【スペイン語検定6級 2008年6月 内容メモ】
アクセントのある音節に○をつける/単語にアクセント記号を書く/単語に正しい定冠詞をつける/ser, estar, hay のいずれかを文に合わせて正しく活用させて書く/形容詞の性数一致(複数)/疑問会話文の答えとなる会話文を選択肢から選ぶ

paloma : f : ハト ※アクセントは"lo"(通常通り)
bandera : f : 旗 ※アクセントは"de"(通常通り)
vacasión : f : (plで)休暇
→vacasiones largas
sentado: adg : 座った
→Los abuelos están sentados allí.
¿De parte de quién? : (電話・訪問者に)どちら様ですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-06-15

Impegnatissima!

Ciao, come state :-D?

最近、ちょっとやることと、やりたいことが多くて、パンク気味です。。時間の使い方を工夫しないとなぁ、と考えてるところです。そんな中、今日はイタリア語のレッスンでした☆ほんとに勉強する時間を見つけられず、電車の中でイタリア語のラジオとか音楽を聴くくらいしかできなくて(勉強というより好きで聴いてるだけだし^^;)、これでレッスンを受けるのは、なんだかもったいない。。でもやめちゃったら忘れてしまうような気もするし、ここは「継続は力なり」を信じてとにかく続けよう!続けることに意義がある(よね?)!

…でも、今日、レッスン中に"W"を「ウベドブレ(←スペイン語)」と言ってしまって焦った^^; ちなみにイタリア語では「ドッピオヴ」と読みます。どっちも「2つの"V"」っていう意味です^-^♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-06-01

Perugina nero peperoncino

最近、"Buonissima !!!"って思ったのが、コレ。

Perugina_nero_peperoncino

Tavoletta Peperoncino Nero Perugina
Assapora le afrodisiache sensazioni: sentirai sprigionarsi prima il gusto morbido e rotondo del cioccolato, poi l'aroma deciso e piccante del peperoncino.

唐辛子入り板チョコ。最後に喉の奥でピリリとするのが、なんとも言えずおいしい♪唐辛子入りのチョコって、辛すぎたりして、苦手なのもあるんですけど、これは本当においしいです!!!

Firenzeにチョコレート屋さんがあって、そこでは冬になるとホットチョコレート(cioccolata calda)が飲めます。トッピングで唐辛子パウダーを選べるのですが、これが絶品。。あの味が恋しくて、店でこのチョコレートを見つけてついつい買ってしまいました。。^_^;

私のイタリア滞在は2回とも冬で、本当に寒くて毎回風邪もひいてしまうのですが、あのホットチョコレートが飲めると思うと、、また同じ季節に行くのも悪くないな〜と思えてきます^-^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »