« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008-02-24

ホワイトデーは何が白い?

ホワイトデーの由来って知っていますか?この前、イタリア人の友達に、なんでホワイトなのか、つまり、なんで「白」なの?って聞かれてしまい、いや。。考えたこともなかった。。と思って調べてみました。ネットでいろいろ検索すると、イタリア語のサイトでは、「日本にはホワイトデーというものがあります。男性が女性にバレンタインのお返しにホワイトチョコレートを送るから、ホワイトデーと言います」みたいなことが書いてあって、びっくり。いや、それはないでしょう。。マシュマロやキャンディーならまだわかるけど、ホワイトチョコって言うのはあんまり聞きませんよね。どこで間違っちゃったんでしょう。で、いろいろ調べてみた結果、白は純潔のイメージカラーだから、さわやかな愛の日にはぴったり、という理由でホワイトデー、という名前にした、ということらしいです。わかったようなわからないような。。他にもいろいろ説がありましたが、これが一番有力そうでした。というわけで、友達に以下のように書きました。ホワイトチョコとは関係ないよ、と但し書きしたのは、彼女もやっぱりそう勘違いしていたからでした(笑)。

Al "White Day" si regalano dolci, per esempio caramelle, torte, o biscotti.., oppure un fazzoletto o fiori.. ecc. Quindi non c'entra la cioccolata bianca con il "White Day". Si chiama cosi' perche' "White" e' il colore del simbolo della purezza, quindi e' adatto al nome del giorno dell'amore.

でもさらに驚くことが!その話をイタリア語の先生にしたら、もっと間違った解釈で、しかもガイドブック(イタリア語で書かれた、日本についての本)に載っていた、と言うんです。その本によると、合っているのは3月14日の日付だけ。"White Day"の記載は一切なく、変わりにつけられていた名前が"il giorno delle mutandine"!!!直訳すると、「パンツの日」!!!………はぁぁぁ???なんでそうなる???その本の中では、3月14日は男性が女性に下着を送る日、ということになっているらしい、というわけで「パンツの日」(笑)。…あ!!!…もしかして、今、思いついたんですけど、イタリア語で、下着や肌着のことを"biancheria intima"って言うのですが、それで勘違いしたのかなぁ? イタリア語で白は"bianco"と言うので、"White Day"をイタリア語に直すと、"il giorno bianco"... "bianco.. bianco.. biancheria intima?..." …考え過ぎかな(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-02-19

外国人旅行者が多い国

1位.....フランス.....7910万人
2位.....スペイン.....5850万人
3位.....アメリカ.....5110万人
4位.....中国.....4960万人
5位.....イタリア.....4110万人
6位.....イギリス.....3010万人
7位.....ドイツ.....2360万人
8位.....メキシコ.....2140万人
9位.....オーストリア.....2030万人
10位...ロシア.....2020万人

昨日テレビのクイズ番組でやっていたのですが、このランキング、私は結構意外でしたね〜。オーストリアやロシアがベストテン入りしているとは。。メキシコも想像以上に大健闘。カナダやオーストラリア、ギリシャなども入っているかと思いきや、ランク外でした。

スペイン、イタリアはそれぞれ2位と5位にランクイン☆ちなみに日本は30位だそうです^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-02-13

お持ち帰り alla romana

Cappuccino_p

ある日、Romaの学校の近くのBarでお昼ご飯にサンドイッチと飲み物をテイクアウトで注文したところ、、飲み物が、こうやって出てきました。…何を注文したと思いますか?洋梨果汁70%のジュースじゃありませんよ、なんだか泡立ってませんか??そう、、注文したものはカプチーノ!!!普通、こんなのに入れますか!?他のBarでこんな風に出て来たことがなかったので、かなり驚きました。…っていうか、これがカプチーノだと気づかず、「私が注文したのはこれじゃないんですけど〜」って言ってしまいました(笑)。相当面白かったので、学校の先生に興奮気味に言っても、「あぁ、だって便利じゃない、こぼれないし」…ってそういう問題!?「そんなことより、サンドイッチとカプチーノなんて、典型的外国人の注文の仕方だねぇ。。」とため息をつかれる始末。いいじゃん!飲みたいんだから!でもその先生が言うには、お昼にサンドイッチなどを注文するときは、飲み物を飲まないか、冷たい飲み物と一緒に。その後にエスプレッソ、っていうのがイタリア人の注文らしいです。。ちなみに、このブログのタイトルのところの"Ciao!"と書かれたカプチーノ、これはそこのBarのバリスタさんが書いてくれたもの。他にもこんなかわいいのも!

Latte_art_roma_p

なんてかわいいの〜♪
これで、テイクアウトの時、フツーの紙コップに入れてくれたら、言うことないのになぁ〜(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-02-11

過去時制…伊語vs西語!

スペイン語、まだ現在形もチンプンカンプンなくせに、本をパラパラとめくっていたら、どうやら、イタリア語とスペイン語では過去時制の概念が違うみたい。。というわけで、違いをちょっとまとめてみました。マニアックになってしまってすみません、、でもまとめとかないと自分でもよくわからなくなりそうなので^^;

◆イタリア語の「近過去」、スペイン語では?
→「完了過去」(今と関わりのある過去を表す)
・イタリア語では、avereかessereと過去分詞の組み合わせですが、スペイン語では、haber+過去分詞のみ(ちなみにhaberはイタリア語のavereに当たる言葉ではない。複合時制を作る助動詞。他の用例だと、イタリア語のC'e'... や Ci sono... に当たる、「〜がある、いる」という表現の時にこの動詞を使う。)
・完了「〜してしまった」、経験「〜したことがある」、"今日"とか"今年の冬"、などの言葉と共に、まだ過去になっていない期間の出来事を言う時に使うそうです。英語の現在完了の感じに近いのかな?イタリア語での近過去のルールで、期間を表す言葉がある時は「半過去」ではなく「近過去」を使う、というのがありますが、この場合、スペイン語では、この「完了過去」ではなくて、下記の「点過去」を使います。つまり、完全に過去になってしまったことを言うときに、この時制は使えないそうです。

◆イタリア語の「半過去」、スペイン語では?
→「線過去」
・使い方はイタリア語とほぼ同じ。"現在において婉曲、丁寧な表現"という用法も書いてあり、この使い方はイタリア語にはないなぁ、と思って調べてみたら、イタリア語にもあるんですね〜☆…というか、普通に使ってました。例えば、"Volevo chiederti una cosa...(聞きたいことがあるんだけど、、)"とか。使ってますよね?これ、婉曲表現だったらしいです。私はこの文の意味を"ずーっと聞きたかったことがあったんだけど、、"というニュアンスだから半過去を使うのかなぁ、って思っていたんですが、そういうわけではないらしい。丁寧な言い方だそうです。だから、条件法を使って"Vorrei chiederti una cosa..."としても意味は同じです。うーん知らなかったなぁ〜。。…こういうことが、スペイン語でも言えるらしいです。

◆イタリア語の「遠過去」、スペイン語では?
→「点過去」(今と関わりのない過去を表す)
イタリア語の「遠過去」は口語ではあまり使われませんが、スペイン語では普通に使われるそうです。それもそのはず、イタリア語の「近過去」とほぼ同じ用法(完了、経験、現在とつながる過去は「完了過去」※上記参照)だから、使って当たり前です。上にも書いた通り、時間を限定する言葉がある場合(1年間、とか1日中、など)は、この「点過去」を使います。

その他、「未来」、「条件法」、「接続法」などもちゃーんとあります^^; まだまだ道のりは長そうです、、いや、というか、ほんとにまだ現在形も全然わからないし(汗)。

でも、イタリアに留学に来ていたスペイン人の友達が、「"passato prossimo(近過去)"がさっぱりわからない!」って嘆いていたけど、こういうことだったのね。。スペイン人からしてみたら、「完了過去」と「点過去」が1つの時制になってしまった上に、essere+過去分詞のときは過去分詞を性数一致させなきゃいけないし、どの動詞の時にessereで、どの動詞の時にavereを使って、っていうことまで覚えなきゃいけないんだもんねぇ。。まぁ、日本人だって、それ全部覚えなきゃいけないんだから、同じだけど(笑)。なんか、スペイン語をちょっと知ると、イタリア語が別の角度から見れて面白いなぁ〜^-^♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-02-09

"ser"動詞

明日は雪が降る、と天気予報では言っていましたが、Spero che non nevichi... 降らないで欲しいです^^; 最近、毎日寒くてちょっとへこみます。。 今日はイタリア語のレッスンでした♪やっぱり楽しい、イタリア語☆次のレッスンは約2週間後なので、今日はちょっとだけスペイン語をやってもいいかな…^^;??あ、そうそう、今日はイタリアで買ってきたDVD、"manuale d'amore 2"を観たのですが、舞台がスペインに飛んだりしていて、ちょっとスペイン語も聞けて、嬉しかったです♪映画全体としては、1に比べるとあんまり面白くなかったのですが、スペイン語が聞けたから良しとします(笑)。ところで、スペインって、2005年に同性愛者同士の結婚を法律で認めているんですね。イタリアでは認められていないので、映画の中でゲイのカップルがスペインまで行って、結婚する、というシーンがあります。それにしても、ちょっとネットで調べてみると、ゲイは違法でレズは合法(その差はなんなんだろう??)、とか、同性愛者というだけで死刑、という国もあってびっくりです。。結婚を認めている国は、オランダやカナダなどたったの6、7カ国。日本では認められていません。なるほど、、世の中知らないことだらけです。。…ちょっと違う方向に話が行ってしまいましたが ^^; 本題に戻って、スペイン語の勉強をはじめましょう☆

今日は基本動詞の活用です^^♪
イタリア語の"essere"に相当するスペイン語の動詞は"ser"。
現在形は、soy, eres, es, somos, sois, sonと活用します。

※イタリア語→スペイン語→日本語
- - - - -
Io sono Mio.
Yo soy Mio.
私はMioです。
- - - - -
Tu sei Taro?
¿Tú eres Taro?
君はタロウかい?
- - - - -
Lei è Maria.
Ella es Maria.
彼女はマリアです。
- - - - -
Noi siamo giapponese.
Nosotros somos japoneses.
私たちは日本人です。
- - - - -
Voi siete studenti?
¿Vosotros sois estudiantes?
君たちは学生ですか?
- - - - -
Taro e Jiro sono amici.
Taro e Jiro son amigos.
タロウとジロウは友達です。
- - - - -

さすがに基本動詞は、不規則な活用ですね〜。私は"sois"が覚えにくいなぁ、、と思います。あんまり2人称複数形っぽくない。。sois, sois, sois ... ブツブツ -_- ... でもスペイン語をやってみると、イタリア語も初めはこういうところから始まったんだな〜、って思いますね〜。語学はやっぱり地道に頑張るしかないってことがよーくわかりました。継続は力なり、イタリア語もスペイン語も、あきらめずに頑張ろう^-^☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-02-08

検索履歴4

RIS2より。

essere asfissiato : i : 窒息する
svenuto : agg : 気を失った、意識をなくした
fotocopiatrice : f : コピー機
lattice(=latice) : m : ラテックス(ゴムの原料)
passivo : agg : 無抵抗の
nastro adesivo : i : ガムテープ
autismo : m : 自閉症

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-02-07

ついに、手を出します。

前から、ちょっと興味があったスペイン語、今回の留学でスペイン人の友達の喋るスペイン語の音が可愛くてしょうがなくて、ますます興味が…。そして、スペインへは一度旅行したことがあるのですが、その時は3月で寒かったので、今度は夏に行ってみたい!!!と思い立ち(資金上、いつになるかはわかりませんが ^_^;)、とうとうスペイン語熱に火がついてしまいました!ついに、ついに、手を出してしまいそうです^^; 今週はイタリア語のレッスンもあるし、宿題もしなくちゃいけないんですが、、ちょっと浮気です(笑)。そう、スペイン語は、あくまでも趣味(のつもり、、)。。

大学で第二外国語を選ぶ時、イタリア語をやりたかったのですが(理由はナゾ)、当時はコースがありませんでした。確か、フランス語、ドイツ語、スペイン語、韓国語、中国語…くらいしか選択肢がなかったので、イタリア語に似ているスペイン語を選択しました。2年くらいは勉強したはずなのですが、今はほとんど覚えていません。それでもスペインに卒業旅行で行った時は、ホテルの予約などはスペイン語でやっていたので、今よりはましだったのでしょう。でもイタリア語を初めてから、他の全ての外国語の知識がどこかに行ってしまったので(笑)、これからやるとなると大変だろうなぁ〜。イタリア語と似ているので、混乱しそうだし。。でも趣味でもいいから、ちょっとやってみたいな〜♪と、うずうずしています。

でもスペイン語より、英語をやった方がいいんでしょうねぇ。。英語の方が絶対必要ですよね〜。わかってはいるんですが、、とりあえずスペイン語♪(←やりたくて仕方がない 笑)

まずは、挨拶の言葉から♪

※イタリア語→スペイン語→日本語
- - - - -
Ciao, come va?
Hola, ¿qué tal?
やぁ、調子はどう?
- - - - -
Come stai?
¿Cómo estás?
元気ですか?
- - - - -
Bene, grazie.
Bien, gracias.
元気です、ありがとう。
- - - - -
Piacere.
Mucho gusto.
はじめまして。
- - - - -
Come ti chiami?
¿Cómo te llamas?
名前はなんていうの?
- - - - -
Mi chiamo...
Me llamo...
...(という名前)です。
- - - - -
Andiamo a prendere un caffè.
Vamos a tomar un café.
コーヒーを飲みに行きましょう。
- - - - -

どうですか〜?可愛いですよね、スペイン語♪同じラテン語から派生した言葉なので、イタリア語を勉強している人には覚えやすいのでは??こんな簡単なフレーズから、ちょっとずつ覚えていこうと思います ^-^☆あ、何だかこのブログの主旨からずれているような気がしますが、、ご愛嬌(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-02-02

失恋休暇とバーゲン半休。

…って知ってますか?日本のベンチャー起業で、新しく設置されたものらしいです。私はネットや新聞でチラっと見た程度だったのですが、、なんと、イタリアの新聞"Corriere della Sera"で紹介されていてびっくり!こういう情報には敏感なイタリア…笑えます。。^-^

でもこれって、ほんとに女性の発想ですよね〜。私、あんまり理解できないです。。^_^; (…ヤバイ?)

以下記事引用です☆

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
L'INIZIATIVA IN UNA SOCIETA' DI MARKETING GIAPPONESE
"Permessi retribuiti per cuori infranti"
Alla Hime &Company di Tokyo vacanze pagate per motivi sentimentali: piu' giorni ai dipendenti piu' anziani

TOKYO – Il ragazzo ti ha lasciata? Prenditi un permesso. Non e' un sogno. Almeno non alla Hime &Company di Tokyo, una societa' di sei dipendenti (tutte donne) che lavora nel marketing dei cosmetici. Una rivoluzione. Che consente anche alle impiegate di arrivare in ufficio con le borse della spesa, senza sentirsi in colpa.

AMORE – «Non sempre c’e' bisogno di permessi per la maternita' – dice l’amministratore delegato Miki Hiradate al quotidiano britannico Independent –. Ma tutte hanno bisogno di riprendersi dopo una storia finita male». Meglio consumare pacchetti di fazzoletti sul divano di casa con un’amica piuttosto che sedute alla propria scrivania. Cosi' allo staff della Hime viene dato un permesso che varia a seconda dell’eta' delle dipendenti. Perche' tra i 20 e i 30 anni cambiano molte cose, anche il modo di vivere le relazioni di coppia: «Per le ventenni e' piu' facile trovare un nuovo partner», spiega Miki Hiradate. E allora, fino a 24 anni il permesso concesso e' di un solo giorno. Tra i 25 e i 29 anni si passa a due. Infine, sopra ai 30 si puo' stare a casa fino a tre giorni: «Perche' le trentenni vivono normalmente separazioni piu' dolorose». Insomma, ci vuole piu' tempo per attutire il colpo.

SHOPPING – Ma non solo l’amore turba l’animo della donna al lavoro. Entrare o meno in ufficio con le borse dello shopping e' un vero e proprio dilemma. Al fascino della vetrina non si resiste, se c’e' l’offerta, poi, non ci si controlla. Ma il capo potrebbe irritarsi. Non se lavorate alla Hime, dove avreste due mattine all’anno a scelta di permesso per fare shopping. Come a dire, sveglia all’alba per essere le prime ad aggiudicarsi i saldi di stagione. E tutte le altre, in ufficio a lavorare.

>>>Corriere della Sera

permesso : m : 休暇
cuore infranto : i : (失恋による)傷心
maternita' : f : 出産休暇
amministratore delegato : i : 代表取締役
attutire [-isc] : v.t. : (苦痛などを)和らげる、鎮める
turbare : v.t. : (静穏を)妨げる、(心を)かき乱す
aggiudicarsi : 再 : 獲得する(=conquistare)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
従業員7人のマーケティング調査を中心業務としているベンチャー企業・ヒメアンドカンパニーが、新しく設けた休暇制度。女性社員の失恋のダメージを考慮して、女性からの自己申告で失恋の傷をいやすための休暇を認めるのである。マーケティングのターゲットとして1200人の若い女性たちを抱えているが、その女性たちの声を聞いたところ、失恋すると心はぼろぼろになり、目は泣きはらして真っ赤、会社に行くのもつらい、という声が大きいことにヒントを得た。年1回取得でき、20代前半は1日、20代後半は2日、30代は3日と年齢に応じて休暇日数を増やしているが、これは年齢が増すとともに失恋の傷も深手になるという判断から。女性たちにとって失恋のショックは大きく、それを引きずったまま仕事をするよりは、休暇をとってリフレッシュしてから出社したほうが仕事の能率もよくなると、同社の経営者・平舘美木は述べている。
>>>Yahoo!辞書

「バーゲン半休」はさらに上を行くユニークさ。バーゲン開催日の午前中などに年2回取れる有給休暇だ。有名ブランドのバーゲンは初日の、しかも午前中に行かないと欲しいものがなくなる。多くの女性はそれを買えるかどうかで仕事への士気も違ってくる。だからこの制度を設けたとか。同社によると、いずれも労働基準監督署に届け出た就業規則に明記し、認定を受けたものだという。
>>>夕刊フジBLOG

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-02-01

検索履歴3

最近、RIS3と一緒に買って来たRIS2のDVDを時々見ています。最後の方は2年前にイタリアで見たのですが、途中からだったので、初めの方を見たくて買ってしまいました^^; ほんと、刑事ドラマ好きは治りません。。「逮捕する!」、って"Sei in arresto." って言うんですね〜。ふーん。…ってこんなセリフは日常では使えませんが(汗)。

そして、すごく自分の無知さにびっくりしたのが、"policlinico"という単語。実は、ローマにこの名前の地下鉄の駅があり、通った学校がここのすぐ近くだったんです。でも、単語の意味を知らなかったので、ただの駅の名前だと思っていたんですね、、私^^; ドラマの中で出て来た、この聞き覚えのある単語の意味は、"総合病院"。それで「はっ!」と気づいて、調べて見たら、やっぱり。。この駅の近くには「ウンベルト1世総合病院"Policlinico Umberto Primo"」というイタリアの公立病院の中でも最も大きい総合病院(大学病院)があったのでした。。そんなことも知らずに3週間も滞在していたとは、、(汗) もうこの単語は絶対に忘れません ^^; !

perizia : f : 鑑定
catatonia : f : 緊張病、緊張型分裂症
scioccato : agg : ショックを受けた
spaccata : f : 割ること、砕くこと
riscattare : v.t. : 解き放つ、自由にする (=liberare)
assente : agg : 不在の
ingrandire [-isc] : v.t. : 大きくする、拡大する
incriminare : v.t. : 罪を着せる、起訴する
reagire [-isc] : v.i. : [av] <...に>反応する《a》
condannare : v.t. : 有罪とする
tentare : v.t. : 試みる、 <...を>試してみる
ciglio [pl. le ciglia] : m : まつげ
le ciglia finte : i : つけまつげ
prostituzione : f : 売春
territoriale : agg : 領土の
tipologia : f : 類型学、分類学
scaricare : v.t. : 降ろす、(乗り物から)荷物を降ろす
complicarsi : 代 : 複雑化する、難しくなる
fuso orario : i : 時差ぼけ
cava : f : 採掘場、石切り場
sgommare : v.i. : (車のタイヤが)スリップしてきしむ
distruggere : v.t. : 破壊する、壊す
ricostruzione : f : 再現
favoreggiamento : m : (違法な)援助、荷担
impulsivo : agg : 衝撃を与える、衝撃的な
policlinico [pl. -ci] : m : 総合病院
"Sei in arresto." : F : 「逮捕する。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »