« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月

2005-12-31

イタリアのお店。

日本は今ごろすっかり年末の雰囲気かな?こちらはそんなに年末らしくないです。でもお店がけっこう休みに入ってしまっていて、とっても不便。今でこそ日本も年始1日からやっているお店がけっこうあるけれど、昔はそういえば休みだったよなぁ。。となんだか懐かしくなったりしてます(^^;)。フィレンツェはまたまた観光客到来です。やっぱりお正月休みを利用して来る人が多いみたいです。美術館も行列。。ドゥオーモも行列。。駅もごった返してます。

今日は美術館に言った帰りに駅近くのアジアンマーケット(アジアの食材を売っているところ)に行ってきました。フィレンツェには結構たくさんあります。私が知っているだけでも3件。いろいろ売っていますが、どれもすーーーごく高いです。たとえば、ミリンなんかは、一瓶、7ユーロくらいします。1000円近いです。。あり得ない。。納豆3パックは確か5ユーロ以上していた。。700円くらい。。高いッ(>_<;)!そうそう、今日そこで「NANAMI TOUGARASHI」を見つけました。七味とうがらしのことです。。「ななみ」って。。なんかカワイイ。。アジアンマーケットにはけっこうなんでもあります。なんと醤油だけではなく、ちゃんと「味ぽん」もあります(笑)。ちらし寿司の素も売っています。天ぷら粉、わさび(これは普通のスーパーにも売ってます)、そばつゆ、とうふ、梅干、などなど。。今日、ちょっと気になったのは梅酒に入っている梅(だけ)が売っていて、心が揺れました(^^;)。。でもこれも5ユーロ近くする。。無理無理無理。。買えませんっ!

そう言えば、この前行ったピッツェリアに、ASAHIビールがありました(笑)。友達が頼んでいたけれど、海外向けに作られたものらしく、味が違うらしい。。それにしても日本のものってどこにでもあるなぁ。

日本にある100円ショップみたいなものが、こちらにもあります。99centoShopと言って、全部99cento。でも日本円になおすと140円弱。高い。。わりと何でもそろってます。日本のショップと同じように、お菓子、文房具、おもちゃ、日用品、食器(多くはプラスチック製)、収納容器、化粧品などなど。エスプレッソのカップ5個セットが99centoっていうのはびっくりした。。

イタリアのスーパー。カゴか、カートをまずゲットしなくちゃいけないんだけれど、私の場合、そんなにたくさん買うわけじゃないので、カゴが欲しい。でも混んでいる時間に行くと、ないんです、カゴが!だから、レジ前に待機して、使い終わった人からもらいます。カゴくらいもっと用意してくれよぉ。。といつも思います。店内は日本のスーパーと同じ。でもパスタ売り場が広い。大きな棚2個分くらいはあるんじゃないかな。その他にも生パスタが違うところに売っていたりするので、ほんとに、どんだけ種類があるんだ!と思ってしまう。野菜や果物は、買いたい分だけ袋に入れて、計りにかけて、該当するボタンを押すと、値段の書かれたシールが出てくるので、それを貼って、レジでお会計。少しでも軽くしようとして、余分な葉っぱなどを一生懸命取っている人も。気持ちはわかるけど(笑)。生ハムや、サラミ、チーズなどは専用のカウンターでおじさんに直接注文。値段のついたシールを貼って渡してくれるので、それをレジでお会計。魚類も同じです。このレジがまたくせもの。まず店員は椅子に座っている(笑)。おいおい。。しかもカゴやカートに入れたものを全部自分で出して、レジのところに置かなくちゃいけない。めんどくさい。その後も、特にカゴに戻してくれるわけでもなく、横流しするだけなので、すごい勢いで袋に入れなくちゃいけない(ちなみに袋は有料)。しかも会計をしなくちゃいけないので、レジではすごく忙しい(笑)。そうそう、会計の時にはできるだけ小銭を使って払うと、褒められます。そのかわり、大きな額のお札で払うと、ため息をつかれます。…というわけで、レジではいつも店員さんとバトルが繰り広げられます(私だけか?)。私はどうしても、店員さんと競ってしまう。だからレジに行くとすごい勢いで荷物を袋に入れ、「まだ?」って顔をして店員さんを見るのが楽しみ(変かも?)。でもたまに本気ですごく早くバーコードを読み込ませる店員さんがいて、しかもそういう人はバーコードに通した後、商品を横流し、というより、投げるに近く、太刀打ちできません。くやしいっ(>_<;)!そして容赦なく次の人のものを投げてくるので、ほんとに困る!次はリベンジだ!…ホント、日本の店員さんって、素敵です。

日本のお正月が恋しい今日この頃。。みなさん、よいお年を!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005-12-28

Buon Natale☆

 Buon Natale a Tutti !☆三

初めてのイタリアでのクリスマスはAssisiで過ごしました。Assisiは聖フランチェスコゆかりの地。丘の上にある小さな街です。

Firenzeもそうだけれど、イタリアのクリスマスは思っているほど派手ではなく、むしろ落ち着いた感じがします。もちろん、クリスマス前の街はプレゼントを買う人でいっぱいなんだけれど、街の雰囲気も日本ほどクリスマス、クリスマスってしていない。クリスマスの音楽もそんなに流れていないし、派手な電飾もない。実際のクリスマス・イブやクリスマスは、さらに荘厳な雰囲気が増します。街を歩いている人が本当に少ない。みんな家族で過すせいもあるんだと思いますが、わかりやすく言うと、日本のお正月のような雰囲気です。イタリアではクリスマスは神聖な日なんだと思います。

Firenzeではあまり見かけなかったけれど、Assisiでは、ドアにクリスマス・リースがかかっている家がほとんど。それがとってもかわいい。街の中心の広場や、教会の前にささやかなクリスマスツリーが飾られていました。クリスマスの時期、街中でみかけるプレゼーピオ。これはイエス・キリスト降誕の様子をあらわしたもの。この習慣は、Assisiの聖フランチェスコによって広まったもので、今ではこの時期になると、イタリア中で飾られています。Assisiの聖フランチェスコ教会では、教会前の広場に人間と同じ大きさのプレゼーピオが飾られていました。

イタリアでは、24日の午後11時頃から25日の午前1時くらいにかけて、つまり、夜中にミサが行われます。これはこちらに来て初めて知り、びっくりしました。ヨーロッパの全ての国がそう、と言うわけではないらしいです。イタリアはやっぱりキリスト教の国なんだなぁ、と改めて思いました。私もこのミサに出て、クリスマスをお祝いしました。

イタリアではクリスマスの25日が過ぎても、まだまだクリスマスの雰囲気が抜けません。というのも、1月6日のEpifania(befana)の祝日までが、イタリアでいうクリスマス・シーズンだからです。だからテレビをつけても、クリスマスの映画を毎日のようにやっています。毎日それを見てる私もどうかと思いますけど(笑)。イタリア人にとって、クリスマスはまだはじまったばかり、のようです(^-^)。

P.S.後日写真をUPします!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005-12-11

ナポレターノ=大阪人?

先週の週末にナポリとポンペイに行ってきました!
写真も少しだけですがUPしました(サイドバーのマイフォトからどうぞ^^)!

フィオレンティーノ(フィレンツェで生まれて住んでいる人)は京都人に似ていて、ナポレターノ(ナポリで生まれて住んでいる人)は大阪人に似ている、と聞いていた私。フィレンツェに住んでみて、フィオレンティーノの方は実感済み(^^;)。果たしてナポリは…?と期待満々でナポリの駅に降り立ちました。

ナポリに着いたのは夕方だったのですが、駅前はすごいことになっていました。。車、車、車!大渋滞、大混雑、おまけにクラクションの音、音、音!!!こういう状態をカオス、っていうんだなぁ、と変に納得しつつも、このまま回れ右して帰ってしまおうかと思ったほどでした(^^;)。

車のマナーはホント、悪いです。ていうかむちゃくちゃです。こういうところも大阪にちょっと似ているかも(大阪人の方、ごめんなさい、でも私も大阪出身です^^;)。渋滞時はおとなしく走っているバスも、朝など道が空いていると、バスとは思えない走りをします。すごく怖いからやめて欲しい。。

でもナポレターノは、やっぱり大阪人でした(^^)!
すーごく人情味があるんですよ〜!!フィレンツェで店員さんや、駅の人に笑いかけてもらえる率は30パーセントなのに比べ(残りの70パーセントは仏頂面かよそ見…笑)、ナポリではほぼ100パーセント!しかも、みんなホントに優しい。。バスの中で一緒に行った日本人の友達と、「ここは○○かなぁ?」と話していたら(もちろん日本語で)、その○○(地名、イタリア語)の部分が聞こえたのか、わざわざ教えてくれたり、道に迷って地図を広げているだけで質問もしていないのに「どこに行きたいの?」と向こうから話しかけて来てくれたり、質問しようと声をかけたら「なになに?言って言って!」と身を乗り出して教えてくれたり、ということが何度も!ナポレターノって、なんてハートがあったかいんだろう!と感動してしまいました。
…しかもフィレンツェにあるお惣菜屋さんのおじさん、いつもいい笑顔だなぁ〜と思っていたら、最近友達から、そのお店のオーナーはナポリの人だと聞き、激しく納得!

天気は少し悪かったのですが、海もきれいだし、食べ物もおいしいし(特に魚介。。フィレンツェは海が遠いのであんまり魚がおいしくないのです。。)、人は親切だし、ナポリにはあったかい季節にぜひもう一度行きたい!!ナポレターノいわく、ナポリの一番いい季節は春、とのこと。みなさまもぜひ!

Vedi Napoli, e poi muori!
(諺:ナポリを見てから死ね)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »